労働基準監督官の通信講座おすすめランキング

MENU

労働基準監督官の通信講座おすすめランキングを紹介しているページです。比較の参考にしてください!

 

 

 

 

 

労働基準監督官試験の資格難易度・勉強時間・合格率

 

労働基準監督官試験日程・合格発表・試験科目について

 

平成26年度の試験概要について解説していきたいと思います。労働基準監督官は最近ではテレビドラマなどでも露出するようになり、仕事の実態が一般の方にも明らかになってきました。日本の労働者の安全・健康の確保を任務として、社会的に大きな役割を果たしてきました。労働者が職業生活を有意義なモノにするために働くことで、やりがいを感じている職員は多いようです。

 

それではまずは日程について説明しますね。インターネットによる受付は4月1日~4月14日になります。1次試験は6月8日になります。この日程で実施される国家公務員試験は多いので重なってないか確認することをおすすめします。1次試験合格発表は7月1日、二次試験は7月16日~7月18日の指定日、最終合格発表は8月20日になります。

 

試験区分は法文系の労働基準監督官A区分、理工系の労働基準監督官Bに大きく分かれます。

 

試験科目については労働基準監督官A区分の場合、基礎能力試験(知能分野・知識分野)、専門試験(多岐選択式)は労働法、労働事情(就業構造、労働需給、労働時間・賃金、労使関係)が必須で憲法、行政法、民法、刑法、労働経済・社会保障、経済学、社会学が選択問題になります。受験者で手こずる方が非常に多い専門試験では労働法、労働事情になります。二次試験では個別面接などの人物試験や身体検査が実施されます。

 

労働基準監督官試験の難易度について

 

普通より若干難しい程度の難易度です。倍率・競争率はそこそこ高いですが、努力次第で十分合格を狙えます。

 

労働基準監督官の勉強時間・勉強期間の目安

 

1年半~2年程度は試験対策の学習期間として確保しておきたいところです。

 

労働基準監督官試験は通信講座・通信教育スクールの利用は必要か?

 

インターネット上の口コミで労働基準監督官試験に対応してる公務員予備校はほとんどないと言われていますが、東京アカデミー、資格のTAC、LEC東京リーガルマインド、資格の大原など結構労働基準監督官試験対策の通信講座を扱っている学校はあります。独学より予備校の方がノウハウを持っている分効率的に勉強を進めることができるので、ライバルに差を付けらないためにも利用することをおすすめします。

 

 

以上「労働基準監督官通信講座比較ランキング」でした!

労働基準監督官の通信講座ランキング記事一覧

労働基準監督官通信講座TACの評判・口コミ評価・合格率TAC労働基準監督官通信講座の評判・口コミ評価は良好です。TAC労働基準監督官通信講座・通信教育の当サイトでの評価は5点満点中5点です。評判・口コミ評価の件については申し分ないでしょう。なお、合格率・合格実績等の情報については公式ホームページ又は資料請求等でご確認ください。通信スクール・学校・予備校・塾資格のTAC資格・検定・認定・スキル労働基...