地方上級・大卒国家一般職の通信講座おすすめランキング

MENU

地方上級の通信講座おすすめランキングを紹介しているページです。比較の参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

地方上級・大卒国家一般職試験の資格難易度・勉強時間・合格率

 

地方上級・大卒国家一般職試験日程・合格発表・試験科目について

 

一般的に地方公務員上級試験と言えば都道府県庁・政令指定都市の大卒程度試験を指すことが多いです。中核市や一般市の採用試験の場合は大卒市役所でまとめられることが多いのが特徴的です。そのため今回は都道府県庁・政令都市について解説していきますね。まずは日程についてですが、三重県庁の上級試験を例にしてみると申込書の配布が5月中旬頃から開始され、1次試験は6月下旬、2次試験は7月中旬~8月上旬、最終合格発表は8月中旬頃となります。続いて政令都市の例として名古屋市役所の試験日程を紹介します。平成26年度の予定日程ではインターネット申し込みが4月28日~5月15日、一次試験が6月22日、二次試験が7月下旬~8月下旬になっています。試験科目については自治体ごとにバラバラですが、地方上級試験の場合は学科では教養試験の他に専門試験があるケースがほとんどです。

 

地方上級・大卒国家一般職試験の難易度について

 

合格者には地方の国立大学出身者や早稲田、慶応、上智など上位私立大学出身者が多いのが特徴的です。東京都庁採用試験については東京大学出身者もそれなりの人数が受験しているようですが、その他の自治体については居ても1、2名程度が一般的です。就職難易度は結構高いです。民間企業で言えば地方銀行よりやや県庁や政令都市の方が難しいレベルです。

 

地方上級・大卒国家一般職の勉強時間・勉強期間の目安

 

1年半~2年程度は確保して対策したいところです。県庁や政令都市は一般的な市役所に比べて人気があるタメ競争率が高い傾向があります。また、受験者のレベルも全体的に高いので、効率的に勉強するにしても前もっての準備は忘れないように!

 

地方上級・大卒国家一般職試験は通信講座・通信教育スクールの利用は必要か?

 

地方上級・国家一般職試験対策の通信講座をメインに扱っている公務員予備校がほとんどです。どの学校も大抵一番力を入れているので充実した内容になっています。独学では得られない情報や効率的な学習教材を考えると通信スクールの活用をおすすめします。自宅近くに公務員予備校があれば通学もアリです!

 

 

 

以上「地方上級・大卒国家一般職通信講座比較ランキング」でした!

地方上級・大卒国家一般職の通信講座ランキング記事一覧

地方上級・大卒国家一般職通信講座TACの評判・口コミ評価・合格率TAC地方上級・大卒国家一般職通信講座の評判・口コミ評価は良好です。TAC地方上級・大卒国家一般職通信講座・通信教育の当サイトでの評価は5点満点中5点です。評判・口コミ評価の件については申し分ないでしょう。なお、合格率・合格実績等の情報については公式ホームページ又は資料請求等でご確認ください。通信スクール・学校・予備校・塾資格のTAC...