国税専門官の通信講座おすすめランキング

MENU

国税専門官の通信講座おすすめランキングを紹介しているページです。比較の参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

国税専門官試験の資格難易度・勉強時間・合格率

 

国税専門官試験日程・合格発表・試験科目について

 

まずは平成26年度試験日程について説明します。インターネット申込の場合ですと受付期間は4月1日~4月14日、郵送だと4月1日~4月2日と他の公務員試験に比べて異状に申込期間が短いので要注意です。1次試験については6月8日、1次合格発表については7月1日、二次試験については7月15日~7月23日、最終合格発表は8月20日になります。

 

続いて国税専門官の試験科目についてです。一次試験では大きく基礎能力試験(知能分野・知識分野)、専門試験(多岐選択式・記述式)になります。二次試験については人物試験(個別面接など)、身体検査になります。知能分野では文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈が、知識分野では自然、人文、社会科学から出題されます。特徴を言えば知能分野の方が圧倒的に出題比率が高いので知識分野より力を入れる必要があるでしょう。続いて多岐選択式の専門試験は民法、商法、会計学が必須で憲法・行政法、経済学、財政学、経営学、政治学・社会学・社会事情、英語、商業英語、情報数学、情報工学が選択になります。専門試験の記述式は選択式で憲法、民法、経済学、会計学、社会学から選ぶことになります。

 

国税専門官試験の難易度について

 

公務員試験全体で考えると普通程度です。努力次第で十分合格できる可能性があるレベルです。但し、倍率・競争率はそこそこ高いので半端の気持ちで受験すれば痛い目に合うでしょう。

 

国税専門官の勉強時間・勉強期間の目安

 

1年~1年半程度の勉強期間は欲しいところです。直前期は1日5時間~10時間は最低でも勉強に打ち込みたいところですね。

 

国税専門官試験は通信講座・通信教育スクールの利用は必要か?

 

国税専門試験は人気職業の1つですので、通信教育を取り扱っている公務員予備校は多数あります。受験者で通信講座を利用する方が多いのでライバルに差を付けらないためにも通信講座を活用したいところです。おすすめの学校を紹介するとクレアール、資格の大原、資格のTAC、LEC東京リーガルマインド、伊藤塾、資格スクール大栄、東京アカデミーなどがあります。いろいろありますのでまずは資料請求で比較してみることをおすすめします。

 

 

以上「国税専門官通信講座比較ランキング」でした!

国税専門官の通信講座ランキング記事一覧

国税専門官通信講座TACの評判・口コミ評価・合格率TAC国税専門官通信講座の評判・口コミ評価は良好です。TAC国税専門官通信講座・通信教育の当サイトでの評価は5点満点中5点です。評判・口コミ評価の件については申し分ないでしょう。なお、合格率・合格実績等の情報については公式ホームページ又は資料請求等でご確認ください。通信スクール・学校・予備校・塾資格のTAC資格・検定・認定・スキル国税専門官試験TA...