裁判所事務官の通信講座比較&口コミ

MENU

裁判所事務官の通信講座おすすめランキングを紹介しているページです。比較の参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

裁判所事務官試験の資格難易度・勉強時間・合格率

 

裁判所事務官試験日程・合格発表・試験科目について

 

プレミア職業と言われるほど裁判所職員に憧れる方は多いようです。理由はズバリ将来性の高さですね。キャリアアップの方向性が様々あり、中でも一定条件を満たすことで司法書士という超難関資格を手に入れることができるメリットは非常に高いです。試験は大卒・院卒者の総合職では法律・経済区分、人間科学区分(家庭裁判所調査官補採用)に分かれます。一般職試験では大卒程度・高卒程度に分かれて実施されています。

 

それでは平成26年度の裁判所職員採用試験の日程について紹介していきますね。今回は裁判所職員総合職法律・経済区分についてご説明しますね。。インターネット申し込みは4月2日~4月14日、郵送の場合は4月2日~4月4日になります。一次試験の日程は6月1日、1次試験合格発表は6月17日になります。二次試験については筆記試験が6月21日、人物試験は6月25日~7月7日になります。二次試験合格発表は7月16日、3次試験は7月23日~7月29日になります。最終的な合格発表については8月8日になります。
続いて高卒程度の裁判所職員一般職採用試験の日程についてです。申込受付期間は7月15日~7月24日、一次試験は9月14日、1次合格発表は10月9日、2次試験は10月17日~10月30日、最終合格発表は11月14日になります。

 

試験科目については区分によって異なりますので、実施要項で最新情報をご確認ください。

 

裁判所事務官試験の難易度について

 

全ての区分で難易度はかなり高いです。特に総合職は相当難しい。

 

裁判所事務官の勉強時間・勉強期間の目安

 

2年~3年程度は確保しておきたいところです。現役合格を狙う方だと大学入学と同時に公務員予備校に通い始める方も結構いるようです。

 

裁判所事務官試験は通信講座・通信教育スクールの利用は必要か?

 

総合職・一般職・・・いずれにしても超難関試験ですので、通信講座か通学教室の公務員試験予備校を活用することをおすすめします。裁判所職員試験対策に強い予備校はLEC、TAC、伊藤塾、資格スクール大栄、クレアールなどがあります。

 

 

以上「裁判所事務官通信講座比較ランキング」でした!

裁判所事務官の通信講座比較記事一覧

裁判所事務官通信講座TACの評判・口コミ評価・合格率TAC裁判所事務官通信講座の評判・口コミ評価は良好です。TAC裁判所事務官通信講座・通信教育の当サイトでの評価は5点満点中5点です。評判・口コミ評価の件については申し分ないでしょう。なお、合格率・合格実績等の情報については公式ホームページ又は資料請求等でご確認ください。通信スクール・学校・予備校・塾資格のTAC資格・検定・認定・スキル裁判所職員試...